欲火视频

ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実绩
経営阵
インサイト
ニュース
トラスト センター

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud? Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content?
Smairt MT?
Smairt Data?

言语を选択する:

ローカリゼーションの未来

ローカリゼーションの未来はライオンブリッジにお任せください。言语の重要性が高まり、デジタル変革と海外展开の键を握る今、当社の専门性が必ずや御社のお役に立ちます

?

言语テクノロジーの未来

言语、文化的ローカリゼーション、市场に特化した购买倾向の重要性が高まる今、ローカリゼーションはデジタル変革だけでなく、海外展开をも担う存在になってきています。

現代は「デジタルファーストの時代」といっても過言ではありません。このブログ シリーズでは、現在起きている変化が企業にどのような影響を与えるかについて考察していきます。企業に今求められているのは、ビジネスの慣習を再評価し、デジタル マーケティング戦略を重視して、海外展開を成功させるために言語の重要性を認識することです。

ローカリゼーションの今后の変化

2020 年に起きたパンデミックにより、グローバル市場はかつてないほど大きく変化しました。このビデオでは、新型コロナウイルス (COVID-19) が世界経済を揺るがす中、ローカリゼーション部門とマーケティング部門の関係性の変化が企業の存続にどのように寄与するかについて、カジェタン マリノフスキーが概説しています。また、ローカリゼーションの未来についても語っているのでそちらもどうぞお見逃しなく。


「ローカリゼーションは単にわかりやすく翻訳するというだけでは十分ではありません。意味と理解に感情をのせることで消费者に购买を促す、それこそがローカリゼーションであるといえるでしょう」

—カジェタン マリノフスキー、ライオンブリッジ、プロポジション マネージメント部門シニア ディレクター


マルチベンダー戦略の评価

企業の中には、ローカリゼーションに複数のベンダーを起用しているところもあります。現地語や地域、翻訳対象となるコンテンツの種類に基づいて分散を図っているのです。しかし、新型コロナウイルスの影響によって状況が変化したことで、コンテンツ ライフサイクル、ROI、市場投入が重視されるようになり、マルチベンダー戦略の有効性も問われるようになってきました。
?

TMS (Translation Management System) の評価

TMS はローカリゼーション业界で使用されている主要なテクノロジーです。TMS を導入すると多言語のコンテンツを管理しやすくなるだけでなく、市場全体で顧客との関係を構築する際にも役に立ちます。では、TMS はお客様の事業にふさわしいツールといえるでしょうか。
?

机械翻訳の未来

机械翻訳 (MT) の技術的進歩により、翻訳者の作業効率はときに 3 ~ 5 倍になることもあります。MT が翻訳の生産性を高め、従来の翻訳サービスに対抗し得る技術になってきているのです。MT を導入することでお客様の会社のローカリゼーション プロセスをどう改善できるかをご覧ください。
?

デジタル変革における今后のローカリゼーションの在り方

当社の eBook では、デジタル変革における言語と文化の役割や活用方法など、今後のローカリゼーションの在り方についてご紹介しています。ぜひご覧ください。

ライオンブリッジ机械翻訳トラッカー

お客様のニーズに応じた最適な机械翻訳エンジン選びに、ライオンブリッジの評価ツールをお役立てください

翻訳プロキシのメリットと危険性

翻訳プロキシは簡単に実装できるだけでなく、初期費用も低く抑えることができるので、デジタル コンテンツ向きの翻訳ツールとして注目を集めています。ですが、このテクノロジーには見過ごすことのできない問題点があります。
?

ライオンブリッジの首脳阵

カジェタン マリノフスキー

プロポジション マネージメント部門シニア ディレクター

ライオンブリッジの製品戦略チームを統括しており、AI に対応したローカリゼーション プラットフォームの開発に取り組んでいます。その他、eビジネス、製品マネージメントおよびプログラム マネージメント、ビジネス開発なども専門としています。

イベント

言语によるグローバルなデジタル変革の推进

Volvo Cars と Avanade のコラボレーションが大成功を収めた Volvo Cars Web サイトの事例について、司会を務めるライオンブリッジのジェイミー プニシルが両社からお話を伺います。

自社のグローバル デジタル エクスペリエンスの評価方法

多くのリテール業者は、デジタル変革やオムニチャネル戦略への投資を通じて、グローバル オーディエンスへのアピールを目的とした複数のコンテンツ パイプラインが必要であることを認識します。 こうしてコンテンツの量が増えてくると、サイト パフォーマンスやブランドの一貫性、言語において高い品質基準を満たす必要性も出てきます。 当社のグローバル デジタル エクスペリエンス評価サービスをご利用になれば、デジタル変革戦略で見落としがちなあらゆる問題を把握して、より優れたデジタル エクスペリエンスを顧客に提供できるようになります。

優れた多言語コンテンツ トランスフォーメーションで、グローバル市場に鋭く切り込む

このセッションでは、ライオンブリッジの最高マーケティング責任者 (CMO) であるジェイミー プニシルが、ローカリゼーションからグローバリゼーションに移行することの重要性についてわかりやすくご説明します。

ライオンブリッジに関するニュース

Forbes.com

「商業モデルのデジタル化、データ ドリブン、明確化を促進する秘訣を解明」

Slator.com

「新型コロナウイルスにより、デジタル マーケティングにおける LSP とクライアントの間のギャップが鮮明に—ライオンブリッジ最高マーケティング責任者」

ライオンブリッジの専门家

カジェタン、ジェイミーほか、ライオンブリッジの各分野における専门家へのインタビュー依頼をお待ちしています。

お客様のローカリゼーション プロジェクトについてぜひ当社にご相談ください。
お问い合わせをお待ちしております