欲火视频

ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実绩
経営阵
インサイト
ニュース
トラスト センター

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud? Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content?
Smairt MT?
Smairt Data?

言语を选択する:

生成系人工知能: 言語サービスの新しい時代

これらの革命的な AI システムは自動翻訳とローカリゼーションのさらなる可能性を引き出し、進化の過程にあってもその力は今すぐにも活用できます。

ライオンブリッジではお客様のビジネス コンテンツ強化のために生成系 AI を積極的に取り入れています


当社の専门家からのアドバイスを活用して、この急速に进化するテクノロジーに移行する準备を进めましょう。?

コンピューター科学者たちの多くは生成系人工知能 (GenAI) と大規模言語モデル (LLM) の発展を長年見守ってきましたが、2022 年に米国のテクノロジー企業 OpenAI が開発した LLM である ChatGPT が発表されたことで、メインストリームの注目を集めることになりました。今までにないこのアプリはであり、ローンチから 2 か月後には推定 1 億人のユーザーを獲得したと Reuters? は報じています。

生成系 AI テクノロジーが注目されているのにはもっともな理由があります。あらゆる言語でテキストを生成するその能力は、私たちの仕事やビジネスのやり方を大きく変えていくでしょう。

は、このツールによって 2033 年までに世界の国内総生産 (GDP) が約 7 兆ドル増加し、生産性が 1.5% 向上すると見込んでいます。

この革新的なテクノロジーが進化し、スケーラビリティが高まることで、ローカリゼーション业界にも大きな変化がもたらされるでしょう。生成系 AI はすでに言語サービスの在り方に影響を及ぼしています。

ライオンブリッジは生成系 AI テクノロジーをいち早く採用し、その活用を支援する態勢を整えています。

生成系 AI テクノロジーに関連する専門用語

生成系 AI 関連の専門用語を目にする機会は今後ますます増えるでしょう。ここでは、まず知っておくべき用語についてご紹介します。

生成系 AI とは

生成系 AI とは人工知能 (AI) システムであり、プロンプトやマルチモダリティ トレーニングに基づきテキストや画像などを含む斬新なコンテンツを生成できます。人間が書いたように見え、最も妥当と思われるものを判断して出力します。

大規模言語モデル (LLM) とは

言語に特化した AI システムです。要約、翻訳、予測、テキスト生成が可能で、そのよりどころは大規模データベースから得た知識です。テキストの翻訳に特化してトレーニングされているわけではありませんが、良質な翻訳を提供でき、急速に進歩しています。

GPT とは

OpenAI によって開発された大規模言語モデルのファミリーです。GPT ファミリーには、GPT-3、GPT-3.5、GPT-4 など、さまざまなバージョンの AI が含まれます。

GPT-3.5 と GPT-4 は、OpenAI のフリーミアム チャットボット製品である ChatGPT をサポートしています。GPT-4 は、すべての大規模言語モデルの中で最も高性能であり、とりわけ、より優れた言語学的結果をもたらすと評価されています。??

他の LLM ブランドには、Google の Bard、PaLM と LaMDA、Meta AI の LLaMA 2、そして DeepMind の Chinchilla などがあります。他にも多くのモデルが存在し、さまざまなものが開発されています。??

大規模言語モデルと生成系 AI テクノロジーに関するオンデマンド ウェビナー

この人工知能 (AI) はローカリゼーションにどのような影響を与えるのでしょうか。翻訳とコンテンツ制作の新たな可能性をご確認ください。

コンテンツのライフサイクル全体で生成系 AI を活用する

生成系 AI はまだ開発初期段階にあるとはいえ、現段階でもうまく利用することは可能です。ただし、その際には注意点があります。

生成系 AI の利用が推奨される状況

コンテンツ制作时

参照できる資料やサンプルがあれば、生成系 AI をコンテンツの制作に活用できます。 たとえば、以前のキャンペーンを基に新しいマーケティング キャンペーンを作成したり、文法面やスタイル面をチェックしたりするのに生成系 AI を役立てることができます。

初期翻訳时

多言語コンテンツを生成している場合は、ソース インプットとアウトプットを参照できるため、生成系 AI で非常に効果的に多言語プロンプトを作成できます。

ポストエディットとコンテンツ レビューの実行時

生成系 AI は、複数言語のコンテンツを比較して同じ意味かどうかを判断するのに非常に優れており、 必要に応じて、より適した文章になるように編集することもできます。 こういった作業で (言語専門家の代わりに) 生成系 AI を使用すべきかどうかを検討する際は、作業対象となる言語ペアと分野で生成系 AI がうまく機能すること、そして言語専門家によるサービスよりも費用対効果が高いことを確認しましょう。 当社の以前の調査では、生成系 AI が適したユース ケースと言語専門家が適したユース ケースが存在することが示唆されています。

生成系 AI の利用を避けるべき状況

コンテンツ制作时

コンテキストを提供できない場合は、コンテンツの制作に生成系 AI を使用しないでください。 生成系 AI が情報を正しいか判断できず、誤った主張をしてしまう可能性があります。 たとえば、こうした状況下で技術文書の制作に生成系 AI を利用すべきではありません。

初期翻訳时

少なくとも現時点で生成系 AI は机械翻訳の代わりにはならないため、机械翻訳の代替ツールとして初期翻訳に利用すべきではありません。 現在の生成系 AI モデルは経済面で優れているとはいえません。

ポストエディットとコンテンツ レビューの実行時

生成系 AI テクノロジーは、主に一般公開されている英語コンテンツのコーパスをベースに構築されたため、非常に専門性が高い分野の文章のコンテキストを判断したり、英語ほど一般的でない言語で高品質のレビューを行ったりすることはあまり得意ではありません。 将来的にはこのような欠点は改善されることが見込まれますが、それまでは生成系 AI と言語専門家の両方を活かした複合的なモデルを利用することをお勧めします。

当社のサービスをご利用いただくことで生成系 AI を効果的に活用

生成系 AI テクノロジーはまだ開発段階にあります。GenAI プロバイダーがこのテクノロジーを事業向けのローカリゼーションに利用できるようにするには、サーバーの規模を拡大する必要があります。しかし、特定のコンテンツ制作、翻訳、ポストエディット作業に生成系 AI を取り入れて活用することは可能です。?

ライオンブリッジでは、社内作業を最大限に自動化し、お客様のビジネス コンテンツを強化する目的で生成系 AI を積極的に取り入れています。当社は、LLM の評価、LLM のためのデータのクリーニングと注釈付けを行い、ステレオタイプや偏見、問題のあるコンテンツの特定と排除を支援しています。??

当社では、プロによる翻訳プロセスに LLM を取り入れて効果的に活用する方法を継続的に研究開発しており、急速に進化する LLM を最大限に活用するためのサポートをお客様にも提供しています。当社では以下のサービスを通じて、お客様による GenAI の利用をお手伝いいたします。

多言语テキスト生成またはトランスクリエーション

このサービスは、初期情報から多言語コンテンツを生成し、欲火视频 Crowd を通じた言語専門家によるレビューを受けるためのセルフサービス型プラットフォームです。特定のユースケースに対して LLM が生成したコンテンツを制作するためのユーザー インターフェイスを提供するもので、以下のような用途をお考えの企業に適しています。

  • 商品説明や SNS への投稿など、すでにお持ちのデータをもとにクリエイティブで魅力的な多言語コンテンツをゼロから制作する。
  • 既存の国内向けテキストからローカライズし、たとえ翻訳结果が原文に厳密に忠実でなかったとしても、対象のオーディエンスの心に响くコンテンツを生成する。
  • 意図や意味を維持しながら翻訳にかかる時間を短縮するという LLM の長所を活かして、時間の制約に合わせてスクリプトを調整する。

プロンプト エンジニアリング

このサービスでは、GenAI の出力品質を高めるための効果的なプロンプト入力に重点を置いています。?

当社は、バックエンド開発による簡素化されたプロンプト エンジニアリング ソリューションを提供し、お客様がエンジンに対して例として使用するコンテンツの種類を管理して、実際の制作シナリオで LLM の翻訳パフォーマンスを向上させるためのプロンプト設計をお手伝いいたします。

簡素化されたプロンプト エンジニアリングにより、ユーザーはさまざまなバリエーションを素早く反復処理し、最適な出力を選択することができます。パフォーマンスの高いプロンプトは保存することができ、専門家が介入する前の段階で、類似したコンテンツの LLM テキスト生成や翻訳作業に適用することができます。

当社が提供しているサービスには以下が含まれます。

  • プロンプト作成、翻訳、トランスクリエーション、翻訳レビュー、分析、テスト
  • 応答の评価と検証?

多言语资产の最适化

このサービスでは、LLM を利用して、翻訳メモリ (TM) やスタイルのルールといった言語資産に調整を加えます。

たとえば、翻訳メモリ全体を口語的な表現に変更したり、トーンやスタイルを特定の要件に適合させたりすることができます。生成系 AI を使用すれば、こういった作業を以前よりも低コストで行うことが可能です。

ポストエディットとローカリゼーション ワークフローの改善

このサービスでは、LLM テクノロジーを利用してポストエディット作業を支援します。?

ポストエディット作業において最も頻繁に発生する一般的な修正を LLM システムに任せることで、ポストエディット担当者の作業負荷を大幅に軽減できます。これによって翻訳ワークフロー全体が簡略化されて迅速になり、費用対効果も向上します。?

関连コンテンツ

AI 翻訳はプロの翻訳に取って代わるのか

AI 翻訳が翻訳サービスや言語サービス プロバイダー (LSP) の代わりにはならない理由をご紹介します。

動画: 生成系 AI および大規模言語モデル入門

生成系 AI と大規模言語モデルとは何か、そしてこれらのテクノロジーが膨大な需要に対応するためにはどのようなことが必要なのかを動画でご覧ください。

ChatGPT の長所と短所: ライオンブリッジの見解

ChatGPT の長所と短所、生成系 AI のこれからについて解説します。

ChatGPT の翻訳品質とそこから見える机械翻訳の未来

机械翻訳は ChatGPT のような大規模言語モデルのおかげで躍進を遂げようとしています。ChatGPT と MT エンジンを比較してみましょう。

ライオンブリッジ 2023 年机械翻訳レポート

ライオンブリッジの専門家が 2023 年の机械翻訳の現状とビジネスのさらなる成長を加速させるテクノロジーの発展について説明します。

動画: AI 翻訳が翻訳サービスの代わりにはならない理由

AI 翻訳のみではプロフェッショナルな翻訳サービスを補えない 4 つの理由を動画でご覧ください。

ウェビナー要約: 生成系 AI がグローバル コンテンツに与える影響

生成系 AI がグローバル コンテンツ制作に与える革新的な影響について、ワークフローの変化と使用事例も含めて説明したウェビナーの要約です。

MT 評価において生成系 AI モデルがニューラル机械翻訳エンジンをしのぐ性能を発揮

ある特定の言語ペアで、GPT-4 が Yandex をしのぐ性能を発揮できることが判明しました。これがニューラル机械翻訳にとって何を意味するのかを解説します。

コンテンツ制作で AI トラストを高める 4 つのステップ

AI トラストのギャップに関する問題と、コンテンツ制作やローカリゼーション、翻訳の信頼性低下のリスクを低減する 4 つのステップについて説明します。

AI によるコンテンツ最适化とローカリゼーションの事例

AI によるコンテンツ制作、コンテンツ最适化、ドイツ語へのローカリゼーションに関する実験で、4 つのツールを比較した興味深い結果をご覧ください。

AI の自己修正について知っておくべきこと

AI (人工知能) の自己修正とは何か、AI ソリューション プロバイダーを利用する場合としない場合の導入方法、現時点における制約事項についてご紹介します。

ライオンブリッジの生成系 AI の専門家をご紹介

ヴィンセント ヘンダーソン

ライオンブリッジの制作および開発チームの責任者であるヴィンセントは、テクノロジーと AI を活用してグローバル コンテンツを分析、評価、処理、生成する取り組みを進めています。特に、大規模言語モデルによって製品やサービスがもたらすコンテンツのイノベーションに注目しています。

ラファ モラル

イノベーション担当バイス プレジデントとして、ラファは言語および翻訳関連の R&D 活動を統括しています。机械翻訳、コンテンツのプロファイリングと分析、用語の抽出、言語品質の保証と管理に関わるイニシアチブを指揮しています。

お问い合わせ